生活を豊かにする住宅を手に入れる│作れる理想ハウス

家を新築する

地元不動産業者だけでは足りません

自分の希望する土地をどのようにして探していけばよいのでしょうか。インターネットが日本で普及する前までは、希望するエリアの不動産業者(仲介業者)に往訪して、土地の希望条件や予算などを説明して、物件紹介をしてもらうしか情報を入手するしかありませんでした。仲介業者は複数あるわけですが、仲介業者によっても取扱う物件は各社異なるために、自分が希望する物件情報を入手するためには、数多くの仲介業者を回って情報紹介を依頼するしかなかったのです。

土地の情報は幅広く公開されるようになりました

今はインターネットで様々な不動産情報を入手することもできるようになりました。一方、土地を売る側の立場になって考えると、昔は不動産を売るということはどちらかと言えばネガティブなイメージで捉えられがちだったことも事実です。近所から「あの人、不動産を手放すことになったらしいよ。お金に困っていたのではないの」などと、何の根拠もなく噂をたてられてしまうこともあったため、秘密裡に不動産の売却は行われていた時代がありました。しかし、価値観が多様化した現在においては、土地をはじめとする不動産を売却することに何の抵抗もない人も増えたため、インターネットで広く買主様を募集するこも珍しくなくなったのです。したがって、これから土地を探す人は、インターネットの情報も広く集めてみてはいかがでしょうか。思わぬお宝物件を発見できるかもしれません。

このエントリーをはてなブックマークに追加